STRANGE ROVERホーム
メーム中毒

俺とお前の風林火山

ジャレコ 『武田信玄』
Takeda Shingen 1988 Jareco
Shingen Samurai-Fighter 1988 Jareco

流行り歌やTVCM。それらはあとになって見るとき、その時代を映す鏡になることがあります。

で、ゲーセン。対戦格闘の台頭、音ゲーの台頭、なんてのも社会(心理)学的に「現代の若者の社交性の---」なんつう解釈なんかをしようと思えばできるんかもしれません。
しかし。15年ほど前。もっとわかりやすい「時代の鏡」がゲーセンにはあったんです。

NHK大河が結構元気な時代がありまして。憶えておいででしょうか、『独眼竜政宗』『武田信玄』なんつう頃です。つまり「武田信玄のゲーム」です。今回のお話は。


こんにちわ、武田です。
風林火山をあつめて小刀ビームを放て!
ツクシューーン(←ガンダム)
火薬俵をブチ斬って、爆破で一網打尽だ!
なんじゃそら!!
ファミコン伊達政宗を思い出す!

ごらんの通り武田信玄が単身、戦場で大ッ活躍するというリアルな設定のアクションですね!んでまた「妖魔を倒せ!」なんつうファンタジーにするでもなく、「vs信長」「vs政宗」なんて、ゲーム、と割り切った設定にするでもなく1面「諏訪頼重」2面「小笠原長時」という…超リアルファイト路線…まぁ、ねえ。当時ドラマ見てれば「なるほど」ちゅう流れなんだと思うけど、今見ると…ちょっと渋過ぎるような…




2P協力プレイももちろん可能だ!…て、2P、誰?
ダブル御館様 ダブルやぶさめ!!
…仲間に刺さるぞ。

個人的には4面ボスがおもしろかったです。なるほど!てね(→ネタバレ)。


→→次のページ→→
豚は肉屋行け 『PIG OUT』
戻る